「未来のために今を変える」65歳以上向けの部屋探しサイト「R65不動産」が目指す自分らしい暮らし方 Vol.1

「未来のために今を変える」65歳以上向けの部屋探しサイト「R65不動産」が目指す自分らしい暮らし方 Vol.1

R65不動産トップ

65」というと、皆さんはどんな想像をしますか?

65歳は、仕事の面では定年退職の年齢となり、同時に「高齢者」の仲間入りをします。でも、今の65歳の方を目の前にすると、すごくお若い印象をもちます。

しかし、「定年退職もしたし、新たな土地で余生を過ごすか」などと考え賃貸住宅を借りようとすると、まだまだ若いと思っていたとしても「65歳」の壁が立ちはだかり、家を借りにくいという現実があるのです。

そんな現状を変えるべく立ち上がったのが「R65不動産」という、65歳以上の人のためのお部屋探しサイトを運営している山本遼さん。

「現状を変える」というより「わがままな自分の未来のために」運営していると言う山本さんですが、荻窪家族レジデンスの一角をお借りしつ、その言葉の奥に隠された意味をインタビューを通して紐解き、3回にわけてお届けします。

何歳になってもやりたいことのできる世の中にしたい

──今日はよろしくお願いします。

IMG_3236 のコピー

山本遼さん(以下、山本さん):よろしくお願いします。

──まず初めにお伺いしたいのですが、R65不動産はなぜ始めたんですか?

山本さん:R65不動産は、何歳になってもやりたいことのできる世の中だったらもっと幸せなんじゃないかと思って作りました。
65歳になった途端に部屋が借りづらくなるので、そういった現状を変えたいと思ったんです。

──部屋が借りづらくなるのはなぜですか?

山本さん不動産屋やオーナーのリスクが増えるからです。例えばお年寄りが一人で住むとしても、事故物件になるリスクが若い人より高いからとか。

──なるほど。

山本さん:まだまだ普通に一人でも生きていける人や幸せに生活している人、介護保険必要ない人ってたくさんいるんですよ。でもちょっと年を取って、「子供が管理しにくい」「おじいちゃんの行く所がない」って理由だけで、無理やり介護施設に入れられるのがすごい不思議だったんです。
R65不動産は、よく「おじいちゃんやおばあちゃんのための良いサービスですね」って言われるんですけど、自分だったら無理矢理介護施設に入れられるのも住まいを選びづらいのも、考えたら嫌なんですよね。

──確かに、自分に置き換えてみたら不都合な未来かもしれません。R65不動産は今年2016年4月に株式会社化したと伺いました。法人登記するまでは、何年活動してきたんですか?

山本さん:1年くらいですね。2015年5月1日に始めました。企業的な取引も増えてきたし、不動産のオーナーから入居者への対応もしてほしいと言われて登記しました。

──R65不動産として始める前も不動産業だったんですよね。そもそも不動産業界には興味があったのですか?

山本さん:色んな会社を受けて、一番面白そうだったのが前の不動産会社だったことが理由ですね。

──それでも、前職の不動産業をきっかけにして高齢者に特化した「R65不動産」を思い付いたんですよね。
1年間の間に色んなケースにあったと思うのですが、実際やってみた感触はどうでしたか?

山本さん:話をしてみてズレがある時はあるんですよ。
でもそのズレが世代によるものか、人によるものかは人によって違うと思います。
年齢が離れているからコミュニケーションが取れないことは少ないですね。自分がこの仕事を始める前の高齢者像と違ったのは、おじいちゃんおばあちゃんって呼ぶのをためらってしまうほど、かっこいい人が多いことです。
僕にとって、鈴木さんは鈴木さんだし、山田さんは山田さんで、それを「高齢者」ってひとくくりにはしにくいです。

──「おじいちゃんだから」ではなく「◯◯さんだから」ってことですよね。

山本さん:職を転々としてきた人の話を聞いたり、ずっと仕事一筋だった人には「ちょっと山本くん、その仕事のやり方じゃだめだよ!」と怒られたり(笑) ちょっと年が離れている先輩のようです。

──個々人とか関わる仕事だからこそ、より「人は人」という感じなんですかね。

山本さん:そうですね。65歳以上になって引っ越す人って本当色々いますけど、「日本にワールドカフェ持ち込んだ」「海外でずっと会計士として勤めた」みたいな人もいるわけですよ。

──すごい方々がたくさんいらっしゃいますよね。

「平等な暮らし」から「多様な暮らし」へ

山本さん:実は先日、別のインタビューを受けて今日初稿がきたんです。インタビューを受けるといつも良い人っぽく映るんですけど、その記事はそうじゃなかったんでいいなって思ってたんです。
「良い人です、社会貢献やってます」みたいなのってすごい恥ずかしいじゃないですか。そんなんじゃないんだけどなと思って。

──これからのあるべき社会っていうのは一つじゃなくて、多様なことが需要できる高齢化社会だと思うんですよ。続くものでないといけないし「頑張ってます、良い人です」だけではよくないという気もします。

山本:そうです。例えば、ボランティアってすごく尊いことですが、本当に優秀な人が回せるのかというとそうじゃないと思うんです。ただ、ボランティアじゃなくても、仕組みに落とすことはできると思っています。最初に仕組みへお金をちゃんとかければ、その後は回していくだけで済むようにすることはできるし、そううまくやっていく必要がある気はしています。

──これからは人口も減りますしね。

山本:人件費の捻出も大変だと思うんです。その辺りの体制をしっかりしていかないと、高齢化社会を乗り越えるのは難しいというのはひしひしと感じていますね。年金もしかり、社会保障的な介護保険もしかりだと思うんですけど。

IMG_3238 のコピー

──介護とか医療業界でも、本当に暮らしを良くしたいと思っても、商業臭がするとタブー視されてしまう傾向がありますよね。じゃあ結局「みんな同じサービスを受けるの?」「色んなライフスタイルがあっていいんじゃない?」と思うんです。

山本さん:「割とフラットに、平等に」と言うと、何もできなくなる気はしてます。少し話は違いますが、震災があった被災地の避難所や体育館で、公平に物を分けるのってすごく大変そうだったんですよね。それぞれに状況も違うし、みんな同じようにアプローチをすればいいのかというと、そうではない気もしてます。

──みんな平等にってだけでやろうとすると、意外と持続できなかったりする可能性がありますよね。

山本さん:わかります。

──老後に住む場所の選択肢は、介護福祉施設だけじゃないとは思います。
だけど正直、お金を持っていて生活に余裕がある人や、健康に暮らせる人は、その人にとってより良い暮らしのサービスを受けたらいいと思うんです。
でも、「お金持っている人」と「持っていない人」の2つに分けられるわけでもないし、様々な状況の方たちのニーズに合わせて、多様な考え方や選択肢を提示できたらいいですよね。

山本:今までの高齢者向けのサービスって、サービスの発信者が少なかったり、あっても似たようなサービスが多かったので、お金を払ったとしても差別化が難しかったと思うんです。
でも僕は、じいちゃんになっても寿司を食べに外に出て行きたいんです。
食べたい時に食べたい物を食べられるのが幸せなはずなのに、「健康のために肉食べないでください」って管理者に決められるのは嫌なんです。

高齢者だからというわけではない

 

山本さん:僕の将来の希望を先ほどお話ししましたが、今のおじいちゃんおばあちゃんをどうにかしたいっていうのは、実はあまりないんです。
僕、基本的に思考がネガティブなので、自分が65歳になる頃って、今よりも悲惨だと思うんですよ。
でも、年をとったって自分で暮らしは選びたい。自分が親になった時に子供から「お父さん、そろそろ介護福祉施設入りなよ」って言われるのがすごく嫌なんです。

──でも、その現実を知っていれば、誰でもそう思いますよね。山本さんがそこに気づけたのはすごいことだと思います。

山本:仕事で色々な人と関われるのは、すごく素敵なことだと思っています。
でもそれを一概に「山本くんは高齢者のために良いことしてます」という目で見られるのはどうなんだと。良いことというより、仕事としてたまたま縁ができたっていう方が多いのかなと思いますね。
だから、「おじいちゃんおばあちゃんが困っているから助けたい」っていうことではなく、「困っている人だったら助けてあげたい」という感じですね。

次回は、地域コミュニティのあり方について

 

R65不動産|65歳からのお部屋探しサイト

http://r65.info